デジタル温度計を扱う企業リスト

top > デジタル温度計を扱う企業の情報 > JCSS校正を受けた計測器

JCSS校正を受けた計測器

JCSS校正を受けた計測器というのは構成能力が認められているので、一般的な測量機に比べて信頼度が高いということが出来ます。校正結果の数値の制度が高いと言えるでしょう。
そもそも、JCSSというのは、「Japan Calibration Service System」の頭文字を、それぞれ4文字とって名づけられています。すなわち、計量法に基づいて、日本の校正事業者登として認定されているということになります。
認定制度は、国際的にも認められていますので、品質の高さなどをはかるうえで大切な称号です。JCSSでは、ISO 17025で準拠している測量機の校正を行うための制度です。日本では、経済産業省や経済産業省の独立行政法人である「製品評価技術基盤機構」の「NITE」が管理をしています。

JCSSに登録されることにより、校正事業者は「JCSS」という標章が入っている校正証明書を受け取ることが出来ます。それと同時に、国際MRA対応認定である事業者は、ILACMRAが付いている、JCSS認定のシンボルが入っている校正証明書を受け取れます。
とても名誉がある証ということが出来るでしょう。JCSSというのは、計量法によって国家計量標準を定めています。
また、ISOやIEC17025が認定基準となっているので、国際的にも効力があります。JCSSを受けるためには、国に代わって審査をするNITE認定センターによって、登録をされる必要があります。NITE認定センターが、第三者としてどれだけの能力を持っているのか、一つ一つしっかりと審査を行います。
この厳しい審査を抜けなければ、校正の能力や技術を認めてもらうことはできません。厳しい審査があるという背景からも、JCSSの証明書の信頼が高いということがわかります。

JCSSというのは、一般的に日本国が行政監督をしている検定制度になります。日本の中で最も信頼できる制度であり、ISO17025に準拠している校正です。
一般企業・大学といった団体による測定実験で出た数字を基準にしている、一般的な測量機よりも準拠を認めらていることは確かでしょう。
国家標準とによってトレーサビリティの取れている測定値を基にしているので、JCSSは国際的にも認められている制度となっています。JCSS構成を受けている測量機は、精度の高さが国家基準できめられていますので、安心して使用することが出いるでしょう。

次の記事へ