デジタル温度計を扱う企業リスト

top > デジタル温度計を扱う企業の情報 > 計測器は数値が狂ったら校正しよう

計測器は数値が狂ったら校正しよう

長さや重さなどを正確に測るためには計測器が必要です。
物ごとを行ううえでは測量はかなり重要になります。
木材の長さを目分量で決めていたら頑丈で安定した住居は作れないでしょう。
今の時代の計測器は、電波や音波の周波数といった目に見えない要素も測れます。
そのおかげで人のできることがかつてよりもはるかに多くなり、技術や文化の進歩に繋がりました。
そんな風にあらゆるところで活躍していますが、たびたび狂うことがあります。
負荷をかけ過ぎたり、計測部などのデリケートな部分が損傷したりと原因は様々ですが、正確な数値が出せなくなっては使いようがなくなります。
正確な計測ができなくなった場合は校正が必要です。
汚れをきれいに取り除き、まったく同じタイプの計測器をもう一つ用意します。
そして、同じ条件で測量を行い、正しい数値に戻していきます。
校正ができるようにしておけば、買い直す必要がなくなり経済的です。



計測器の校正の必要性と、その重要性

計測器、一般的な生活ではなじみの薄いものですが、技術や物作りの世界では日常的に使用されています。
例えば、電圧何V、電流何Aなどといった具合に計測したものを数値化することがよくあります。
その値を基準として、技術を進め、物作りを進化させていきます。
ですから、その値に間違いがあってはいけませんし、値が違っていれば「嘘」をつくことになりかねません。
一方、計測器は計測したものの基準となる機械ですが、カタチあるものですから、いずれ故障とまではいかなくても、「ずれ」が生じてきます。
そのずれは、測定の際のずれを生み、正確な値を表示しなくなります。
それを防ぐにはどうしたらよいか、計測器の値の修正、つまり「校正」が必要になります。
一般的に校正は1年に1回など、定期的に行われる事が普通です。
それにより基準が守られ、技術が進歩が確実なものとなります。
技術の進歩に校正は欠かせないと言えるでしょう。



計測器や測定器は校正を行わなければなりません

製造メーカーが使用する測定器や計測器などはきちんと計量法などによって校正を年に一度きちんと行わなければなりません。
これらの機器は製造メーカーでは欠かす事が出来ない機器となっています。
機器の機能がきちんと果たされていなければ、きちんとした使用する原材料の分量が正確に測定する事が出来ません。
原材料の分量が正しくなければクレームや事故に繋がる場合もございます。
測定器や計測器の校正は自社では行えません。
きちんと資格を有する企業や団体に行ってもらわなければなりません。
これらの規格の1つにはJSSCなどがございます。
また、製品を輸出する会社は海外の基準に適合した照明を有していなければなりません。
これらの計測器や測定器を校正している会社はきちんと証明書も発行してくれます。
製造メーカーならきちんと用意をしておかなければなりません。

次の記事へ