デジタル温度計を扱う企業リスト

top > デジタル温度計を扱う企業の情報 > 計測器は定期的な校正が必要です

計測器は定期的な校正が必要です

計測器が正確な測定値を出すには、定期的なメンテナンスとして校正を行う必要があります。
例えば、毎日料理の際に使う包丁も研磨などのお手入れをしないと切れ味が鈍くなってしまいます。
測定器も同じように使う度に精度は悪くなっていきます。
例え、使用頻度が低くても時間の経過と共に精度は悪くなるためしっかりとした精度があるかどうか調べたり、精度が悪くなっている場合には、正しい測定値が出せるように調整を行う必要がある為、定期的な校正は必要となります。
校正を行う事は測定値が 正しいものかどうか確かめる事。
さらに、故障や不具合がないか確かめる作業であり、その測定器が正しい測定が行えるものであるという認定をもらうことです。
仕事の上では測定した数値が正しいものかどうかの証拠として認定が必要となる場面もある為、定期的に行う事は大切な事です。



計測器の校正を行うことの大切さ

何かを計測する場合に計測器を使用することがありますが、かような機器は校正しなければならないとされています。
ここで言うところの校正は計測器が表す数値と標準における数値との関係を確定するという作業を指します。
例えば、ある機器で計測して出てきた数値と違う機器で計測して出てきた数値の間で大きな差があるというのは測定の意味を持たなくなります。
ところで、なぜその作業が必要であるのかといえば、機器は年月を経るなどして数値が正確に示さないようになることがあるからです。
正確ではない機器を使っていると信頼性を失うことになります。
正しい数値を表すことができるようにするために定期的に校正を行うことは重要だと考えられます。
また計測器を使うというケースがあるのならば、その作業を定期的に行うようにするのが大切だと思われます。



良質な計測器を利用して校正をしましょう

職種・業種を問わず、計測器を利用される現場は多いです。
記録をとり、またその校正をする際にも高性能の機器が必要です。
また計測を行う野外の現場などは粉塵や騒音などの影響が大きく、劣悪な環境であることが多いです。
そのため、耐久性があり、故障しにくい頑丈なものを利用されるとよいでしょう。
もちろん高性能のものを利用しなければ正しい校正などはできませんので、耐久性があればよいというものではありません。
最新の機種がどんどん複数のメーカーから発表されていますから、まずはメーカーサイトなどを閲覧し、内容をご確認ください。
古い機種をいつまでも利用していると、正しい計測はできません。
また現在利用中の機種が劣化もなくしっかりと機能しているかどうかも、専門家の方に確認してもらったほうが良いでしょう。
わずかでも劣化があれば、すぐに新しいものを購入しなくてはなりません。

次の記事へ