デジタル温度計を扱う企業リスト

top > デジタル温度計を扱う企業の情報 > 計測器の校正はトレーサビリティが重要

計測器の校正はトレーサビリティが重要

計測器の測定結果が正しいものであることを維持するためには、定期的な校正が必要となります。
但し、校正を行なった際にトレーサビリティが確保されていなければならないとされています。
この場合の、トレーサビリティとは、機器がどのような経緯で調整され、その精度を担保しているかを、詳らかにすることを指しています。
最終的には、公に基準となる測定器にて作業の履歴をたどることができることが求められます。
その機器がトレーサブルであると呼称します。
すなわち、どこで製造された機器を用いたか、どんな順番で用いたかなど、取得したデータの素性を追跡できることが可能になっているということです。
トレーサブルであることが明示されていないケースでは、正しい測定結果を得ることができず意味のないものとなってしまいます。
そこで、正しい作業を実施するために、校正に求められる要件に準拠した書類を作成の上で作業を実施していきます。
この詳しい要件は、JISに規定されています。



良質な計測器を使わなければ正確な校正ができません

職種・業種を問わず、計測器を利用して校正を行う必要がある仕事はたくさんあります。
また計測器は屋外の劣悪な環境の中で利用されることが多いので、壊れにくいものを利用しなくてはなりません。
計器を製造・販売しているメーカーは複数あり、競争原理が働いて一社あたりのサービスレベルや商品そのものの精度は格段に上がっています。
その中でも特に人気のものは、計測能力の精度だけではなく、耐久性も高いものだということです。
壊れにくいものを多くの現場で求められています。
校正なども、機器を扱うスタッフのスキルと適正がいかに高くても、肝心の機器が劣化をしていては正しい計測、校正はできません。
インターネット上の情報サイトにも、耐久性の高い計器は人気であり、顧客満足度ランキングなどでも、耐久性の高いものから上位になっています。



計測器は校正がどうしても必要です

計測器は精密機器の部類に入るので、使っていると微妙にズレが生じてしまうことがあります。
そのズレが大きくなってしまうと、計測器の役割を果たすことが出来なくなってしまうことがあります。
そこで定期的な校正が必要になります。
ズレを補正することによって、正確な数値を出すことが出来るようになります。
専門業者ではないと対応をすることが出来ないということがあります。
素人が何とかしようとすると、逆に状態を悪化させてしまうことも考えることが出来るので、出来るだけ避けたほうがよいでしょう。
これくらいであれば大丈夫、修正をすることが出来ると考えていても、状態は想像以上に重いものであったり、変化をしている可能性があります。
だからこそ、あまり自分で手を出さずに専門業者に依頼をしたほうがよいでしょう。
レンタルをしているのであれば、レンタル会社に依頼をするとスムーズです。

次の記事へ