デジタル温度計を扱う企業リスト

top > デジタル温度計を扱う企業の情報 > 計測器の校正の意味とその重要性

計測器の校正の意味とその重要性

計測器の校正と聞いてハッキリとしたイメージを浮かべることができるひとは少ないです。
計測機器は経年使用することで変化、劣化していくものであり正確性や誤差を確認しそれが測定精度に影響を与えるかどうかを確認しなければなりません。
計測器の品質はISO9001といった国際的な標準が定められており校正をすることによりこの基準を満たすだけではなく自社製品の一定の品質を維持することができます。
計測機器にはメーカーによって推奨される検査の周期がありそれと使用の状況に従って定期的に検査を行っています。
また使用前と使用後にも検査を行うことによって自社製品の品質を維持しています。
日本は昔から製造業に対して強いと言われてきましたが、その裏には生産現場の絶え間ない努力と測定器を何度も校正することにより高水準での品質を保てようにしてきたからです。



計測器の校正を行う必要性と校正の信頼性

計測器を用いた校正作業は計測器が発揮している数値を見てその機器が正確に働いているかどうかを判断する為に行われます。
この作業を行わない事はその分の時間を得る事に繋がりますが、その反面として機器の正確性を保障する事が出来ずに、機器が出した数値の信憑性を下げる事に繋がります。
機器の信頼性に問題が生じれば、機器の継続運営に問題点が浮上してどのくらい継続する事が出来るのか判断する事が難しくなります。
こうした問題点から計測機器を用いた管理は機器を存続させる為にも必要な行為であり、行わない事によって機器の継続性に問題点が生じ、異なる機器を購入する事から管理側にとって新たな費用を算出する事になり、経済的な負担を生じる事にも繋がります。
また、信憑性のない情報を計測機器の情報として周囲に発送する事は発想者自身にとっても信頼を損なうという問題点から多くの管理者が計測機器の校正を行う理由になります。



計測器を校正するということの意味

校正とは、修理やメンテナンスとは違います。
実際どのような違いがあるかというと、まず修理とは、壊れてしまったものを元通りに直すといった作業のことです。
次にメンテナンスとは、本体の性能を維持できるように、定期的に清掃や消耗部分を交換したりする作業のことです。
それに対して校正とは、ただ単にその時の状態を確認するという作業のことで、修理やメンテナンスといった作業は含まれていません。
定期的に行うことによって、その間の計測器の正確性を保証するために行う作業です。
そのため内部の人の実施では信頼性の観点から問題があるため、利害関係の無い第三者に行ってもらうことが好ましいです。
また、実施の周期が長いと、精度のずれが発生した時に、その間の正確性を保証するのが難しくなるため、なるべく短い周期で行うことも重要です。

次の記事へ