デジタル温度計を扱う企業リスト

top > デジタル温度計を扱う企業の情報 > マンスリーマンションを計測器で校正する東京

マンスリーマンションを計測器で校正する東京

 今回はマンスリーマンションについてです。計測器という言葉を聞いたことはあるかもしれませんが、正しい事を数字で表現し的確に計る機器の事を言います。マンスリーマンションの他にも建物には計測器を使い、地盤の調査などをしています。この調査をまずは行わないといけません。基礎中の基礎の工程になります。地盤を調査し、建物の階数など高ければ高いほど地盤の強さが求められます。
 東京はマンションやビルなど高い建物も多い為、地盤調査は的確に行わなければなりません。計測機器を使用する事により、その建物の状況などを判断でき、校正を行うこともできる為です。また、現在は技術の発展に伴い、より高性能な計測機器も出来ています。色々な障害や不安定な事にも数字を表してより正確に判断でき計算をする事により校正も正しく行う事ができます。


 計測器を校正するために講座を受ける

 計測器の校正は、製品をより良くするために大切な作業です。しかし、何も経験が無い人が行うには難しく、そのせいで狂いが生じてしまうと逆効果になってしまいます。そこで、日本規格協会は、試験、計測器管理コースという講座を開き、校正の必要性ややり方、また不確かさの概念について教えてくれます。
 この講座は、製品部門をはじめ、全部門の品質管理責任者や、標準化責任者、およびQCサークルリーダーと現場リーダーに受講が勧められています。具体的には計測器の不確かさやトレーサビリティ、選定方法や校正方法、保管方法を教わることができます。受講料は32400円とすこし高めになっていますが、製品や建物をより正確に作るためには受けておく方がいいでしょう。講座は、東京をはじめ大阪や名古屋、福岡、仙台でも開催されているので、自分の日程に合わせて受けましょう。


 計測器の定期校正は非常に大切です

 お手持ちの計測器の校正をなさった事はありますか。計測器の校正は1年に一度はなさる事が望ましく、企業などでは2年に1度などときちんとキャリブレーションをする期間が定められている事があるはずです。使う都度きちんとキャリブレーションを行うのが本来ならば望ましい事でしょうが、忙しい作業に加えてなかなかそうしてもいられませんし、費用もかかることですから大体は1年に一度、もしくは2年に1度位が一般的です。
 校正作業は国家標準に基づいた作業をする事ができる機関に依頼するときちんとトレーニングを受けた検査士が標準規定に基づいて計測器のキャリブレーションを行ってくれます。大体は3-5日で完了する事が多く、きちんと証明書などの書類発行もしてもらえます。ある日使おうと思った時に壊れていたり、正しく計測できない状況になると困りますから、きちんと整備しておきましょう。

次の記事へ